温泉は自然からの贈りもの


都会で暮らしているとあまり意識しないものですが、温泉は常に自然と密接な関係にあります。
「温泉は無限ではない」
今入れる温泉が後世に引き継がれますように。

温泉・露天風呂

冬にぴったり!冬におすすめしたい温泉ベスト7

2020年12月6日

寒さも少しづつ厳しくなってきたこの頃。
ゆっくり温泉に浸かって温まりたいって思いませんか。
そこでこの冬の時期にぜひ行っていただきたいおすすめの温泉を紹介します。

以前公開した下記の記事をもとに選定しています。
まだ読んでいない方はこちらもどうぞ。

[toc]

1.冬にしか入れない温泉に行こう!

この冬の季節にしか入れない温泉があります。

真冬の約2カ月間だけ現れる「然別湖畔温泉」(北海道)

コタン氷上温泉

引用元:https://kotan.jp/

周囲360度が雪と氷に囲まれたここでしか体験できない世界。
気温はマイナス25度くらいまで下がるので、たいていの人はでるに出られないので長湯になってしまいます。
開催期間中は氷上露天風呂のほか、アイスグラスで飲むアイスバーや宿泊もできるアイスロッジ、さらに、実際に結婚式も挙げているアイスチャペルなどが出現します。
極寒の地ならではの体験が楽しめます。

施設名:然別湖コタン
住所:北海道河東郡鹿追町北瓜幕無番地
URL:https://kotan.jp/

川をせき止めた天然露天風呂「川原温泉 仙人風呂」(和歌山)

引用元:https://www.hongu.jp/onsen/kawayu/

冬になると、川をせき止めて登場する広大な大露天風呂「仙人風呂」。
川底から絶えず湧き出す70度以上の源泉に、熊野川の支流大塔川が混ざり合い、程良い温泉が出来上がります。
混浴になりますが、水着着用になりますので、お忘れなく。
※仙人風呂実施期間中毎週土曜日に実施される「湯けむり灯篭」:令和2年度は感染症対策のため中止

施設名:川湯温泉 仙人風呂
住所:和歌山県田辺市本宮町川湯
URL:https://www.hongu.jp/onsen/kawayu/senninburo/

2.冬にしか体験できない温泉に行こう!

雪遊びとかまくらと、幻想的な夜「湯西川温泉かまくら祭」(栃木)

引用元:https://www.facebook.com/9r8m.jp/

栃木にある湯西川温泉では毎年冬の時期に「湯西川温泉かまくら祭」を実施しています。
かまくらの中でバーベキューを楽しんだり、雪を使った滑り台やそり遊びなど、思いっきり雪を満喫できます。
夜になるとライトアップがされ、たくさんのミニかまくらにライトが灯されてとても幻想的な雰囲気を味わえます。

施設名:湯西川温泉 かまくら祭
住所:栃木県日光市湯西川 湯西川温泉街
URL:http://www.nikko-kankou.org/event/1210/

温泉街から薬師堂まで続く氷灯籠「鹿教湯温泉 氷灯ろう夢祈願」(長野)

氷灯ろう夢祈願

引用元:つるや旅館Facebook

温泉街から薬師寺周辺まで氷で作られた灯ろうが並び、幻想的な雰囲気に包まれます。
期間中、毎日午後4時30分からおこなわれる点火式には、どなたでも無料で参加可能。自分で火を灯せます。

施設名:鹿教湯温泉
住所:長野県上田市鹿教湯温泉
URL: https://www.kakeyu.or.jp/

自然が織りなす幻想的な世界「奥飛騨温泉郷 奥飛騨冬物語」(岐阜)

奥飛騨温泉郷では、平湯・福地・新平湯・杤尾・新穂高の全5エリアにおいて、12月下旬~3月下旬にかけて奥飛騨冬物語と題した様々なイベントが開催されます。
新平湯温泉では、たるまの滝・親水公園一帯で「タルマかねこおりライトアップ」を開催。
新穂高温泉中尾かまくらまつりでは、満点の星空の下、大小さまざまなかまくらが並び、かまくらの中で囲炉裏を囲み、暖をとることができます。
ほかの温泉地でもいろいろな催しが体験できます。

施設名:奥飛騨温泉郷
住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷
URL: https://www.okuhida-fuyumonogatari.com/

3.雪見露天を楽しもう!

冬の醍醐味と言ったら、やっぱり雪見露天。
雪に覆われた温泉はこの時期にしか見れない絶景です。
雪に映えるにごり湯と雪見ができる露天風呂を完備した温泉を紹介します。

秘湯ファンに人気の乳頭温泉郷」(秋田)

引用元:http://www.nyuto-onsenkyo.com/

「乳頭温泉郷」には、鶴の湯・妙乃湯・蟹場・大釜・孫六・黒湯・休暇村乳頭温泉郷の7つの異なる温泉を楽しめます。
宿には、露天風呂が完備されているので、雪見風呂とにごり湯のマリアージュが楽しめます。

施設名:乳頭温泉郷
住所:秋田県仙北市田沢湖
URL: http://www.nyuto-onsenkyo.com/

関東にある秘湯「奥鬼怒温泉 加仁湯」(栃木)

奥鬼怒温泉 加仁湯

引用元:http://www.naf.co.jp/kaniyu/

5つの泉質が異なる源泉があり、そのうちの4つがにごり湯です。
大型の露天風呂は混浴2つ、女性専用1つを完備。たっぷりと雪見風呂が楽しめます。

施設名:奥鬼怒温泉 加仁湯
住所:栃木県日光市川俣871
URL: http://www.naf.co.jp/kaniyu/

温泉トラベルnet
この冬にオススメしたい温泉を紹介しました。 冬季通行止めになったり、スタットレスタイヤがないと行けないところもありますので事前に公式ホームページで確認してから訪れてくださいね。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
にほんブログ村のランキングに参加しています。
この記事を読んで、少しでもいいなと感じた方は、下記のバナーをポチッとクリックしていただけると、非常によろこびます!

いい温泉揃っています!
過去に訪れた温泉のレポートを中心に、名物や見どころなどを紹介!

他の温泉も見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

温泉トラベルnet 管理人 ヨシ

「旅することで救える温泉がある」をテーマに、後世に残したい温泉の情報をWebメディア『温泉トラベルnet』で発信。 温泉に浸かりながら情報収集するのが日課。温泉好きの方と情報交換していければと思います。

-温泉・露天風呂
-, , , , , ,

© 2021 温泉トラベルnet