温泉は自然からの贈りもの


都会で暮らしているとあまり意識しないものですが、温泉は常に自然と密接な関係にあります。
「温泉は無限ではない」
今入れる温泉が後世に引き継がれますように。

温泉レポート

【温泉レポート】2つの日本一がある温泉『小浜温泉/長崎』

2021年1月11日

全国的に有名な温泉ではないので知らない人も多いと思いますが、長崎県の雲仙市小浜町にある小浜温泉には、2つの日本一があります。←有名でないと失礼ですが(_ _)

どんな日本一かご紹介します。

2つの日本一がある温泉『小浜温泉』

日本一の1つ目は◯◯

そんな温泉にある日本一の1つ目は、小浜マリンパーク内にある、「ほっとふっと105」。
日本一の長さを誇る足湯です。

その名の通り、長さは105m。海岸線に沿って作られているので、目の前の海を観ながら浸かることができます。

足をつけた瞬間、アチっと感じる人が多いと思います。
それが2つ目の日本一の理由です。

日本一の2つ目は◯◯

もう1つの日本一は、放熱量日本一 。源泉温度が一番熱い温泉地です。
その温度がなんと105℃。「ほっとふっと」の足をつけた瞬間、アチっとなるのはこの源泉温度のせいでした。

「小浜温泉は、この熱い源泉を発電に活用しているんだよ」と、宿の方が教えてくれました。

1日に1万5000トンもの温泉水が湧き出ているが、70%は利用されずに海に流されていたようで、この温泉の有効活用して発電になったとのことです。

また、この日本一の温泉で地元産の豊富な海の幸・山の幸を蒸して食べられるお店もあるようです。
今回は時間がなかったので体験できませんでしたが。

勝手にもう1つ日本一を追加、それは。。。

小浜マリンパークから歩くと、立ち寄り湯の「海上露天風呂 波の湯 茜」があります。

正式な日本一ではありませんが、海までの近さが日本一

近いというか、目の前が海で、手を伸ばさなくても、波が打ち寄せるたびに海水が入ってきます。
満潮時には海面との差が20cmになる海上露天風呂とのことです。
海水のおかげというかわかりませんが、加水せずに入れる適温温度でした。

海に手が届く開放感たっぷりなこの温泉を私は日本一に勝手に認定したいと思います。

ちなみに夜は貸切も可能とことです。
夜風が気持ちよさそうでまた入りにいきたいです。

■小浜温泉足湯 ほっとふっと105
長崎県雲仙市小浜町北本町905−71
https://obama.or.jp/
■海上露天風呂波の湯茜
長崎県雲仙市小浜町マリーナ20
https://obama.or.jp/onsen/naminoyu-akane/
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
にほんブログ村のランキングに参加しています。
この記事を読んで、少しでもいいなと感じた方は、下記のバナーをポチッとクリックしていただけると、非常によろこびます!

いい温泉揃っています!
過去に訪れた温泉のレポートを中心に、名物や見どころなどを紹介!

他の温泉も見る

他の温泉も見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

温泉トラベルnet 管理人 ヨシ

「旅することで救える温泉がある」をテーマに、後世に残したい温泉の情報をWebメディア『温泉トラベルnet』で発信。 温泉に浸かりながら情報収集するのが日課。温泉好きの方と情報交換していければと思います。

-温泉レポート
-,

© 2021 温泉トラベルnet